横田農場でおこった出来事をご報告!

みんなのブログ

横田農場の日々のできごとや、田んぼの様子などをお知らせします。

あきたこまちの田植え終了

あきたこまちの田植えが終了しました。

今年は、今までにないほど春の降雨が少なく、用水の水が確保できずに、代かき作業が遅れたために、順調に田植えをするというわけには行きませんでしたが、約18ヘクタールの田んぼに、あきたこまちを植えました。次はコシヒカリの田植えです。あきたこまちは、全体の2割ほどなので、まだまだ先は長いですが、頑張ります。週間天気を見る限りでは、今日の午後からしばらくは雨マークなので、またペースが遅れ気味になりそうです・・・。

ハウスは空っぽ

 あきたこまちの苗が並んでいたハウスは空っぽ。でも、すぐに「ゆめひたち」の苗でいっぱいになります。育苗ハウスを2回使うことで、効率よく設備投資を抑えているんです。

テツコ

?の部屋ではありません(笑)

「鉄コーティング湛水直播栽培」略して「鉄コ」です。

鉄コーティング播種作業中

 先日の不耕起乾田直播栽培の播種では畑のような状態で種もみをまきましたが、こちらは鉄粉でコーティングした種もみを、代かきをしたドロドロの田んぼの表面に落としていきます。

これまで、あたりまえだった「田植え」作業ですが、苗を育てるコスト、田植え作業のコストを減らす技術として、直播栽培の技術開発が進んでいます。まだ不安定な部分もあるのですが、導入に向けて試験を続けていく予定です。

 田植え作業は、水不足もだいぶ解消されつつあって、ようやく軌道に乗り始めたところです。まだ始まって10日。面積にして6分の1ほどです。先は長いので、ゆっくり急いで作業を進めます。

田植え順調に・・・

始まった田植え、順調に進めていきたいところなのですが・・・、田植えの前の作業「代かき」を行うためには、水が必要です。が、4月に雨が少なかった影響で、水源となる川の水が少なくて、代かきが順調にできません。急きょ、ちょっと離れた牛久沼から水を回してもらうことになったので、数日中にはもう少し水位も上がってくる見込みです。

早く順調に代かきができるようになって、田植えが順調に進んでほしいものです。

田植えを眺めるカエル

プール育苗その後

今年初挑戦したプール育苗。

農業改良普及センターなどで一般的に指導しているやり方では、ビニールハウスの中で行うのですが、横田農場では、ハウスの中はもう苗がいっぱいで、ハウスの外でやらなきゃ意味がないということで、露地で行っています。

うまくいくか心配ではありましたが、今年は夜温が極端に下がるような日もなかったせいか、順調に育っています。むしろ生育が揃っていて見た目にも美しく、良い苗になりました。

プール育苗のその後

 最初は温度に気を付けなければいけませんでしたが、もうだいぶ伸びてきたので、あとは水が入っているかを確認するだけ。

毎日の水かけもいらないし、これはなかなか良いかもしれません。何事もやはりチャレンジですね!

緑肥その後

緑肥(化学肥料の代わりに、緑肥となる草を育てて、春に土の中にすき込んで肥料にする)のその後ですが、菜種は乾燥のせいであまり生育が良くなかったのですが、分解の時期などを考えて、先にすき込みました。菜種以外にも、レンゲ、ヘアリーベッチも試験で栽培しているのですが、ヘアリーベッチはかなり旺盛に生育して、花もちょっと地味ですが咲いています。

 菜種と比べると、見た目がちょっと寂しいですが、肥料にするにはこちらの方が良いかもしれません。

実際に稲の生育がどうなるか楽しみです。

 

345678910111213

なにかいたっけ?

いつかいたっけ?

うれしいことば

ページトップへ