横田農場でおこった出来事をご報告!

みんなのブログ

横田農場の日々のできごとや、田んぼの様子などをお知らせします。

平成22年産米の販売終了のお知らせ

平素より横田農場のお米をご愛顧いただき、ありがとうございます。

つい先日、「特別栽培ゆめひたち」の販売を終了させていただいたところですが、このところの平成22年産米の注文の殺到により、すべてのお米が完売となりました。お客様におかれましては、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、生産しているお米のみの販売となるため、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、年間予約をいただいている方につきましては、別に確保してありますので、ご予約どおりの発送となります。

 

また、一昨日、農林水産省より、平成23年産米の放射能検査の方法について発表がありました。分かりやすく言うと、ほかの農産物と違い、まずは全てのお米が出荷停止状態から始まって、かなり細かい地点(茨城県内は400か所)で検査を行い、問題のなかった市町村から解除されていくといったものです。横田農場では、独自の検査も行う予定ですが、国の検査結果が出るまでは販売ができませんので、今年は新米予約の受付は見わせることとしました。

 

農水省としても、基準値を超えるお米が消費者のもとに届くのを絶対に阻止しようという体制で臨んでいます。かなりの混乱が予想されますが、安全なお米を安心して食べていただくために、必要な措置だと思います。

 

どうぞこれからも横田農場のお米をよろしくお願いいたします。

平成22年産「特別栽培ゆめひたち」 販売終了のお知らせ

「特別栽培ゆめひたち」につきまして、平成22年産は完売となりました。ご利用いただきありがとうございました。すでに、「あきたこまち」も完売となっており、平成22年産米で在庫があるのは、「有機栽培コシヒカリ」「特別栽培コシヒカリ」「特別栽培ミルキークイーン」となります。いずれも在庫は少なくなってきていますので、完売の際にはご容赦ください。

早生の「あきたこまち」については、花が終わり登熟の時期を迎えています。夜の気温が高くなり過ぎずに良く登熟できそうです。

あきたこまち

あと問題は「放射能」がどうなるか。横田農場では、独自に分析機関に検査を依頼して、正確な数値を公表いたします。

今年も「安心」なお米をお届けできるよう、精一杯の努力をいたします!

いもち病発生です・・・

まさかのいもち病発生です。いもち病は、基本的に温度が高くてジメジメした日が続くような年、梅雨が長引くような年に多く発生します。今年のように梅雨が短くて、晴れて暑い日が続くようなときは、あまり発生しないものですが、ここ数日でいもち病がかなり目立ってきています。

いもち病

 葉っぱが茶色くなっているのが分かるでしょうか?葉っぱだけならまだしも、これが穂にもついてきて収量や品質に影響してきます。ウチの田んぼはそれほど酷くありませんが・・・。

たぶん、台風が過ぎた後、数日間肌寒いほどの気温になったので病気が発症した、人間でいえば風邪をひいたんでしょうね。分かりやすい。

ここ数年では見なかったぐらい、田んぼを見渡すと茶色い部分が模様のように見えます。参りましたねぇ。

長野の永井農場さん見学に社員総出で行ってきました。

26日が全面休業でどうしたの?と聞かれてしまいました。説明不足でしたね申し訳ありません。

実は、社員全員で長野県東御市の永井農場さんに見学に行ってきました。永井さんは、米と酪農の複合経営をされていて、ワラや籾殻などと堆肥をうまく循環させて栽培をしていて、そのお米を都内のスーパーなどで販売したり、軽井沢に自社の牛乳を使ったジェラートショップをオープンさせたり、なかなかスゴイ方です。私の前の全国稲作経営者会議青年部長なので、いつも色々と教えていただいているので、今回、社員全員でお世話になってしまいました。

会長と社長からいろいろなお話を伺わせていただいて、とても勉強になりました。お忙しいところ貴重な時間をいただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。社員みんなで研修に行くというのは、勉強になるし、楽しいです。帰ってからも永井農場さんの話ばかりしています(笑)

永井農場見学の記念撮影

 記念撮影?

お休みのお知らせ

平素より弊社Webサイトをご利用いただき、ありがとうございます。

明日26日は、都合により全ての業務をお休みといたします。Webサイトからのご注文はお受けいたしますが、商品の発送は翌日27日の発送となります。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

 

1234567891011

なにかいたっけ?

いつかいたっけ?

うれしいことば

ページトップへ