横田農場でおこった出来事をご報告!

みんなのブログ

横田農場の日々のできごとや、田んぼの様子などをお知らせします。

カエル飼育中。

こんにちは!

最近、田んぼでものおとがするたびに、「ヘビっ???」とびっくりしているゆうころりんです。

 

4月末からはじまった横田農場の田植えも、もうすぐ終わりです。

このところの雨で、もう一歩が終わらない状態。。。

育苗ハウスに残っている苗もあと少しになりました。

横田農場では、ハウスの中に深さ20センチくらいの浅いプールを作り、

その中でお米の苗を育てています。

ある日気づくと、プールの中をおたまじゃくしが泳いでいました。。。

もうすぐ、水がなくなってしまう人工プールなのですが、

カエルが卵を産んでしまったようです。 

20130613-house.jpg

かわいそうなので、バケツですくって水槽へ。 

 

20130613-otamagaeru.jpg

ちいさかったおたまじゃくしですが、

順調に成長し、

シッポはまだ残っているものの、

緑色になってきました!!

あと何日かしたら、水槽から跳び出しそうです(^^)

 

 

 

20130613-ice.jpg

何日か前の暑かった日・・・

専務にアイスを買ってもらい、休憩で食べました☆

暑い日に汗かいて仕事した後の、アイスって最高です!!!

 

 

 

初めての・・・

先週、少し雪が降りましたが、それ以外は年末からずっと天気が続いています。

こんなに天気が続くのは、秋の稲刈りが終わってからでは初めてのことですね。乾燥注意報が出て、火事が起きやすいなど困ったこともありますが、ようやくほとんどの田んぼが乾いてくれて、トラクターでの耕起や、堆肥散布、均平作業など、一気に作業が進みます。まだ春までは時間があるように思ってしまいますが、のんびりしているとあっという間ですからね。

 

田んぼに隣接した水路を、クラムシェルバケット(パワーショベルみたいなものです)で底をさらっているのですが、泥の中からこんな生き物がでてきました。

タウナギ

ドジョウのようですが、腹ビレがなくて、まるでヘビみたい。調べてみると「タウナギ」のようです。「ウナギ」とついていますが、ウナギとは別もののようです。

聞いたことはありましたが、実際に見るのは初めてだったので驚きました。

 

さて、今週末は乾いた田んぼが待っているので、休みなしでトラクターです(笑)

 

キジのたまご

田んぼで作業をしていると、いろいろな生き物を見かけたり、その存在を感じたりします。足跡を見つけては、「イタチかなぁ?タヌキかなぁ?」

たまごもよく見かけます。ヒバリやカモ、今日はキジでした。なぜキジの卵と分かるかというと、気づかずに畦を歩いていると、親鳥は卵を護るためにギリギリまで逃げないので、突然足元からキジが飛び立ってビックリすると、そこに卵があったりします。

キジのたまご

そのままそっとしておきました。

意外なところにお客様

実際のタヌイ鷲,�垢い任垢諭�稲刈りに活躍するコンバインは、期間中はカバーをかけて田んぼに置いておくことが殆どです。どうやら夜の内に宿にしたようで、エンジンの隙間に狸が入り込んでいました。出て行ってもらおうと田んぼで格闘するも、なかなか出ようとしない。埒があかないのでいったん作業場へ戻り、大の大人がワラワラ集まって再度格闘(苦笑)。結局捕まえるまでに1時間弱かかりました…。生き物でいっぱいの田んぼ、色んな出会いはあれどもこういうことは初めてでした。

おたまじゃくし♪

うじゃうじゃいるぞわかりずらいかもしれませんが、おたまじゃくしが うじゃうじゃいます。 夜になると、カエルの大合唱が響くわけですね・・・。田んぼは生き物のゆりかごってよく言われるほど、カエルはもちろん、メダカやドジョウなど魚の稚魚からいろんなヤゴなど、たくさんの小さな生き物たちを育んでいます。田んぼを守っていくということは、環境を守っていくことにつながっているんだな、と感じています。   

1234567891011

なにかいたっけ?

いつかいたっけ?

うれしいことば

ページトップへ