横田農場でおこった出来事をご報告!

みんなのブログ

横田農場の日々のできごとや、田んぼの様子などをお知らせします。

発芽玄米を作ってみよう!

●発芽玄米とは
  発芽玄米を作ってみよう! なにかと話題の発芽玄米です。発芽玄米とは、玄米を水に1?3日浸し、胚芽部分が1mmほど発芽したものです。発芽した玄米は、眠っていた玄米の酵素が起きて活発になまりす。発芽玄米は普通の玄米に比べて炊きやすく、消化吸収が良く、甘味があって冷めてもパサパサせずおいしく食べられます。
   
●発芽によるパワーアップ
   玄米を発芽直後の状態にした発芽玄米は、もとの玄米にはない優れた特徴が加わります。まず、玄米は発芽するための栄養をつくるために分泌する酵素(化学反応を助ける物質)で、玄米に蓄えられているでんぷんを分解し、エネルギーを取り出します。さらにこの酵素は、良質のタンパク質をアミノ酸(タンパク質の原材料)に分解し独特の甘みとおいしさを引き出してくれます。これらの糖類とアミノ酸類は、本来私たちの体内では作られない物質なので、肝臓はそれを懸命に分解しようとします。その結果、肝臓の働きが活発になって、体の治癒カが高まるというわけです。またカルシウムやマグネシウムなども白米よりも多く含まれていて健康に良いとされています。発芽玄米のなかにはギャバといわれるものもあります。このギャバ(γアミノ酪酸)には、脳細胞を活性化し、血圧や血糖を自然に戻す特性を持っています。高血圧、脳卒中、糖尿病、痴呆症等の予防効果の可能性が高いといわれ、関心が高まっています。また、白米よりもカロリーが低いのでダイエットなどにも利用されている方が多いようです。 毎日食べるご飯で健康になれる。ダイエットができるということで、「どうしたら作れるの?」と知りたい人も多いみたいですね。「作るの難しそう」って人や実際に作ってみたけど「芽が出ないよ」って人も多いかもしれません。そこで実際に家庭でもできるかやってみました。
   
●発芽玄米を作ってみよう(保温編・冷蔵編)
   実際に作ってみるととても簡単でした。玄米と入れ物さえあればできますよ。作り方はいくつかあると思いますが、こちらでは二つの方法を紹介しますね。

1

なにかいたっけ?

いつかいたっけ?

うれしいことば

ページトップへ